健康やダイエット、タンパク質補給や育乳目的で
豆乳を飲んでいる方多いと思います。
豆乳には大豆イソフラボンなど女性に効果的な成分が含まれている反面、
摂りすぎると女性ホルモンに悪影響を及ぼす場合も・・・
せっかくの大地の恵みです。おいしく正しく豆乳生活しましょう!

ちなみに大豆の一日における摂取量の目安は、体重1kgあたり2mgくらい。
例えば、体重60kgの方の場合⇒120mgとなります。

主な大豆製品における含有量の目安は、以下のとおりです。
木綿豆腐150g(1/2丁)⇒147mg、豆乳(200ml)⇒106mg、納豆50g(1パック)⇒120mg

豆乳を寝る前や起きてすぐに飲むと…美容・健康効果4選!効果的なタイミングや飲み方とは?健康雑学 - YouTube



(出典 Youtube)

【豆乳】大豆イソフラボンは実は身体に〇〇?! - YouTube


(出典 Youtube)

40代のあなたへ!不調が気になりはじめたら意識したい食べ方
…ッコリー・さつまいも…など ■大豆製品をとる 大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることが知られており、更年期障害の症状のひ…
(出典:クックパッドニュース)